結婚式場へのエンドロールやカメラマン「持ち込み」について

結婚式に必要な予算はとても高額です。

予算が高額になる 最大の原因は式場の売り上げになる「マージン料」が加算されているからです。
会場の殆どに言えますが花屋さん、演奏、音響、照明、司会やカメラマンなどの殆どが式場と契約をしている提携業者への外部発注です。

 

提携している業者への発注をする際に、マージン料が加算されますが例えばスチル撮影で5万円の商品でも

式場を通すと15万円や20万円となります。

 

これらのマージン料は、式場の売上となり、お客様の予算を高額にさせているのです。
カメラマンを持ち込みにすると、「持ち込み禁止」と言われる場合があります。
しかし、会場のプランナーさんはすでに様々な相談に乗って頂いていると思います。
プランナーさんもお二人の為にご要望を聞きたいのですが、その時の伝え方もポイントの一つです。

担当プランナーさんへの伝え方として

「すでにお願いしているカメラマンがいるのです。」
「撮ってもらうカメラマンを以前より決めているのです。」

といった内容で伝えてみてください。
ここでの伝えるポイントは、カメラマンは自分たちで選び、結婚式場にカメラマンを持ち込む事を前提としていることです。

「式場に依頼しないと申し訳ない…」
と思い遠慮をする方もいらっしゃいますが、決して悪いことではありません。

 

カメラマンを持ち込む事で、コストがかなり抑えられます。
また式場に依頼されない場合は「持ち込み料」が発生する場合があります。

 

こんな時は、弊社では友人という設定で列席者として参列して撮影する場合もございます。
例えば、持ち込み料が10万円、列席者としての席代2万円どちらがお得かは一目瞭然です。

 

最近では結婚式場も「持ち込み」について理解して頂ける場合が多く「暗黙の了解」のようなものになっております。
エンドロールの持ち込みにに関しても同じことが言えます。

 

不安な方は、一度ご相談ください。

 

弊社のサイトをご覧になっているということは、ご存知だと思いますが、多くの持ち込み撮影が存在します。
ただ、持ち込み業者も多種多様です。

大切な結婚式が終わった後に、「撮影料金は安かったけども….」なんて後悔は絶対にさせません。
料金的には安くても、撮影者の身だしなみが悪かったり、愛想が悪かったり、様々なカメラマンが居ます。

「2up-works」では、列席者の方にも喜んで頂ける撮影を心がけております。

他社様には出来ない、気配りが出来るカメラマンが撮影を担当する事をお約束いたします。
ご一緒に披露宴を盛り上げ、よい撮影が行えるよう何でもご相談頂ければ幸いです。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る