プロのカメラマンに依頼する理由

お二人の大切な結婚式において、列席者の方々も、良いカメラを持たれているケースを多く見受けられます。

列席者の方にカメラマンを依頼すれば、コストは必要無いかもしれません。

但し、様々なデメリットがある事を忘れてはいけません。

例えば、大切なシーンを撮りたかったが、良いポジションから撮れなかった。
お母さんとの2ショットを撮り損ねた。
色味が暗く、写真も黄ばんでいる雰囲気…

あくまでも一例ですが、多くの「結婚式 撮影経験」が無いと、良いポジションがどこなのか、動きや導線を想定して動くプロとは動きが違います。

進行表を元に当日の会場責任者様との打ち合わせも行い最善のポジションを導き出します。

 

知り合いだと要望を言いにくかったりする事もあります。

何よりも残念なのは、頼まれた列席者の方は、写真を撮らないと!
と言う意識が強く働き。披露宴を楽しめるゆとりがない…となってしまうのです。
プロカメラマンは、会場とのコミュニケーションを取りながら、結婚式の進行を妨げずに良い写真を撮ります。

コストは必要ですが、確実に良い思い出を撮ります。

是非と撮影に関してご検討して頂ければ幸いです。
ご質問などお気軽に「2up.works」までお問合せ下さいませ。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る